竹内結子 生い立ち

先日、ショックなニュースが日本中を巡った竹内結子さん。噂によると生い立ちが壮絶だそうです。

竹内結子さん自身のご両親が離婚されていて、父親の連れ子として育った様です。

その後、父親の再婚でできた新しい家庭に馴染めず、ずっと疎外感を感じていたとか・・・。

どんな子供時代だったのか、複雑な家庭環境にも迫りたいと思います。

1.竹内結子の生い立ちが壮絶

①幼少期に両親が離婚?

竹内結子さんのご両親は小学生のとき離婚しています。

その頃から自身の母親とは会っていないという話もあります。

 

その後、父親が再婚し、新しい母と姉二人と家族になります。

そして、その頃自分のことを「お荷物」と思っていた様です・・・

 

これらの悲しい出来事は竹内結子さんが過去に本に記していました

桜井亜美さん小説『サーフ・スプラッシュ』の解説に記載されています。

<出典元:https://www.gentosha.co.jp/book/b2522.html>

タイトル:サーフ・スプラッシュ

著者:桜井亜美

出版年:1999年

出版社:幻冬舎文庫

②家出の経験も?

竹内結子さん小学校低学年の時に家出をしたことがあるそうです。

しかし、どこかへ行く前にご近所の方に見つかり、家出は未遂に終わったそうです。

 「詳しくは覚えていないんですけど、自分はここにいちゃいけないんだ! って思ったんです。ただ、しばらくして心細くなったのか、泣きながら歩いていたみたいです」

こんな小さな頃から、家庭に居場所がないと感じていたのは相当辛いですね・・・。

スポンサーリンク

2.竹内結子の家庭環境は複雑だった

また、デビュー時のインタビュー竹内結子さんはこう語っていたそうです。

華やかなキャリアを築く一方で、10代の頃に仕事した関係者には「私、ちょっと複雑な家庭なんで戻る場所なんてないんです。だから、この世界で絶対に頑張らなきゃいけない」と話していたという。トップ女優は、自らの境遇をバネにつかんだ居場所だった。

戻る場所がないという境遇をバネに、仕事にまい進してきたようです。
そんな竹内結子さんの家庭環境は、大人になってからも複雑でした。

竹内結子さんは映画「今、会いに行きます」で共演した中村獅童さんと2004年に結婚

同2004年に長男も誕生しましたが、2008年に離婚

その後はシングルマザーとして息子さんを育てていました。

そして、2019年に同じ事務所の後輩である中林大樹さんと結婚

2020年1月に次男が誕生しています。

 

中村獅童さんとの間に生まれた長男は、過去の竹内結子さんと同じ境遇になってしまいました

長男と新しい夫である中林大樹さんとの関係はうまくいっていたようです。

お湯を沸かすのもはらはらしていたうちの子が、自分でサッポロ一番を作るようになって。夫と一緒に夜食として食べて、ヒソヒソ男の内緒話をしています。

竹内結子さんの中で息子さんへの申し訳ない思いが、積もっていたのかもしれません。

スポンサーリンク

3.まとめ

竹内結子さんの生い立ちが壮絶で、華やかな経歴とは真逆の過去があったことがわかりました。

自分の事を荷物と思っていたことも、聞くと胸が苦しくなりますね・・・。

過去の自分と同じ、連れ子という立場にさせてしまった息子の事も心配していたことでしょう。

竹内結子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事