瀧川鯉斗の高校はどこ?1日で退学した?中学でサッカーの愛知県代表に!

若手落語家として今一番注目されているのが瀧川鯉斗(たきがわこいと)さん。テレビや雑誌で見かけた人は分かると思いますが、落語家というよりも俳優やモデルのようなイケメンなんですよね!

 

また彼の経歴も注目を集めていて、昔からスポーツ万能で、実はバイクを乗り回していた時期もあるとか。見た目も経歴も異色な落語家なんです。

 

そんな瀧川さんの気になる学生時代について色々調べてみました!どんな学校に通っていて、部活や成績はどうだったのか、学校生活は?などについてまとめてみたので、チェックしてみてくださいね。

1,瀧川鯉斗の学歴は?どこの学校に通っていたの?

まず始めに、瀧川さんの学歴についてご紹介します。瀧川さんは東京都で生まれましたが、親の都合で愛知県名古屋市に引っ越したんだそう。ほぼ愛知県で育った瀧川さんはどんな学校に通っていたのでしょうか。

①中学はどこ?

瀧川さんの通っていた中学について探してみましたが、残念ながら公表されていないようです。

 

ただ、ヤンチャしていた頃に喧嘩したのが名古屋市にある平和公園らしいのと、瀧川さんが天白区出身とのことなので、下の6校のうちのどれかだと考えられます。かなり絞られますね!

名古屋市立天白中学校
名古屋市立植田中学校
名古屋市立久方中学校
名古屋市立御幸山中学校
名古屋市立南天白中学校
名古屋市立平針中学校

どの中学校もスポーツが盛んで、天白中平針中はサッカーも強かったみたいです。なのでどの中学校に通っていたか予想するのは難しそうですね…。

②高校は?

高校についても調べてみましたが、こちらも同じく公表はされていないようです。中学校ではサッカーの県代表に選ばれるほどだったのでサッカーでの推薦を狙っていたようですが、それも叶わず受験も志望校には行けなかったようなので、おそらくスポーツの強豪校には入れなかったのでしょう。

 

今だと中京高校、東海学園高等学校、愛工大名電高校なんかがサッカーの強豪校なので、狙っていたのはこのあたりなのかな?という感じですね。ただ勉強が不得意で受験がうまくいかなかった、ということは受かったのは偏差値がそれほど高くない高校だったと考えられます。

調べてみると、名古屋市内だと若宮商業高等学校が怪しいかな~と思いました。ヤンキーやギャルが多いようなので、瀧川さんが暴走族だった過去を考えると違和感がないように思います。あくまで予想ですけどね!

スポンサーリンク

2,実はサッカーの実力者

今は落語家として言葉を武器に活躍していますが、実は少年時代からスポーツ万能だった瀧川さん。小学校の頃は夏は野球部、冬はサッカー部に所属し、さらに学外のクラブチームにも所属していたそうなので、かなり活動的。

 

中学に入ってからも野球とサッカーを続けていましたが、サッカーの実力の方が上だったようで、サッカー愛知県代表監督からスカウトされキーパーとして県代表の練習にも参加していました。監督直々にスカウトなんて、結構な実力者だったんですね!

 

当時同じ中学校から代表に選ばれたのは瀧川さんだけだったので、期待株と思われていましたし本人もサッカー推薦で高校に行ける!と考えていたそう。でもスポーツに打ち込んでいたため学業がおろそかになっていたことと、この頃からバイクにハマってしまったことから推薦はおろか、志望校も諦めるしかなかったんです。

 

サッカーの実力があるのにもったいない~!でも今まで順調に歩んできた中で、若くしてはじめての挫折を味わったのは良い経験になったのかな?とも思います。まぁそれでだんだん素行が悪くなっていったんですが…。

スポンサーリンク

3,どんな学生生活を送っていたの?退学したって本当?  

前述した通り、学生時代はスポーツに打ち込み、夜はヤンチャなグループとつるんでいたので、成績は良いとは言えなかったみたいです。ただ、今落語家として活躍しているので、もしかしたらやれば出来たのかもしれませんけどね。

 

学校内ではスポーツが出来るので、やはり目立っていたようです。それに背も高く顔立ちも整っていたので、当然注目されちゃいますよね。

 

無事入学したとはいえ、高校は地元の不良が集まるような学校だったこともあり先輩とひと悶着あった上、なんとその日のうちに退学してしまったんです!そして昼間は工場で働きながら、夜は暴走族としてバイクを乗り回していたそう。

 

ただ18歳で上京していることを考えると、暴走族は1年ほどで抜けたということになりますね。しかもその間に総長にもなっているので、かなり濃い経験をしてきたんだと思います。

 

今までの経歴こそ異色ですが、令和元年5月には真打ちに昇進しました。真打ちになるとお弟子さんをとれるようになるので、どんな方が弟子につくのかも楽しみですね!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事