染谷将太

大河ドラマ『麒麟がくる』で織田信長を演じている俳優染谷将太さん
 
今、染谷将太さんの演技力に注目が集まっています!
 
最初は心配されていた織田信長の役ですが、染谷将太さんが怪演を見せて大絶賛されているのです!
 
実は染谷将太さんは子役時代から大河ドラマに出演していました!
 
今回は染谷将太さんの演技力がどのくらい凄いのかを詳しくご紹介します。
 

 

①染谷将太の演技力がすごい! -信長の演技が話題-

大河ドラマ『麒麟がくる』で織田信長を演じる染谷将太さん
 
染谷将太 織田信長
 
最初は世間で「一番心配な配役だ・・・」と言われていましたが、染谷将太さんの演技を目の当たりにした人からは大絶賛の声があがっています!
 


 


 
大河ドラマ『麒麟がくる』の視聴率はじわじわと下がり続けていました。
 
しかし染谷将太さん演じる織田信長が登場してから、なんと視聴率が回復したのです!
 

初回は19.1%でスタートしたが、回を重ねるごとに数字が下落。
第5話は13.2%となっていた。

だがその後に盛り返し、第9話では15.0%。
そして10話で1.5ポイントのアップとなり、同時間帯の横並び視聴率で1位を獲得した。

視聴率がアップした要因の1つと見られているのが、染谷将太(27)演じる織田信長の登場だ。

Yahoo!JAPANニュース

 
それでは織田信長を演じる染谷将太さんの演技も見てみましょう!
 


 
無邪気ですが何をするか分からない織田信長を見事に演じきっています。
 
テレビ誌の記者も染谷将太さんの演技が凄いと語っています。
 

テレビ誌記者
童顔で丸顔の染谷さんはこれまでの信長像からはかけ離れており、当初は視聴者から『ミスキャストだ』といった声も聞こえてきていました。

しかし彼は持ち前の演技力で信長の狂気を描き出し、一気に視聴者を引きつけたのです。新たな信長像に期待が高まっています。

<引用:Yahoo!JAPANニュース>

 
大絶賛を集めている染谷将太さん。
 
実は子役時代にも大河ドラマに出演していたことが分かりました!

スポンサーリンク

②染谷将太の演技力がすごい! -子役時代から大河に出演?-

染谷将太さんは7歳の時(1999年)に子役として活動を始めました。
 
染谷将太 子役
 
初めて大河ドラマに出演したのは11歳(2003年)の時。
 
大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』に初めて出演しました。
 
この時は無名の子どもとして第13回のみに出演していました。
 
その後も子役として映画「STACY」や「ピンポン」に出演し、どんどん演技力に磨きをかけていきます。
 

染谷将太
もともと父親の影響もあって映画が好きだったので、この世界に興味がありました。

子供の頃は演じるということがよく分からなかったのですが、現場を見ているのは楽しかったですね

 
様々な毛色の映画に出演して演技力に磨きをかけた染谷将太さん。
 
ついに大河ドラマに2年連続で出演することが決まりました。
 

2010年 大河ドラマ『龍馬伝』
 山内豊範 役(第14回、第15回に出演)

2011年 大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』
 森坊丸 役(通年出演)

 

・大河ドラマ『龍馬伝』

染谷将太 大河

・大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』

森坊丸
 
大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』で無名の子役として出演した後、今度は重要な配役をもらって大河ドラマに戻ってきた染谷将太さん。
 
子役時代からずっと特別な演技のレッスンを受けたことはないそうです。
 
その代わり撮影現場で指導してもらい、経験値を積んでいたと語っています。
 

染谷将太
もちろん、求められれば必要な準備はしますが、それ以上に自分で事前に役のイメージを固めたり、立ち回り方を決めたりはしません。

かつて、そういうことをしたこともあったんです。

でも、出来上がった作品を見たら説得力がなかった。だから、このやり方は自分には合わないなと。

<引用:朝日新聞×マイナビ転職>

 

染谷将太
映画で、役者さんが作品に初めて登場して、まだ何もしゃべっていない、何も行動を起こしていないのに何となく分かるっていうことがありますよね。

それが究極だと思うんです。

<引用:朝日新聞×マイナビ転職>

 
染谷将太さんは「そこに居るだけで人間味が伝わってくるような説得力のある演技をする」ことを子役時代から意識していたそうです。
 
大河ドラマ『麒麟がくる』の織田信長役も、目つきや行動だけで「ピュアだからこその狂気がある」ことが伝わってきます。
 
子役時代から大河ドラマなどの作品に出演して経験値を積み重ねて、無名の子役から織田信長役として大絶賛を集めるほどに成長したのですね!

スポンサーリンク

③染谷将太の演技力がすごい! -受賞歴は?-

最後に、染谷将太さんの受賞歴を見ていきましょう!
 

2009年度
・第11回TAMA NEW WAVE ベストキャラクター賞(『ノラ』)

2011年度
・第3回TAMA映画賞 最優秀新進男優賞(『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』)
・第66回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞(『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』)
・第68回ヴェネツィア国際映画祭 マルチェロ・マストロヤンニ賞(『ヒミズ』)
・第3回日本シアタースタッフ映画祭 グランシャリオ新人賞(『ヒミズ』)

2012年度
・第36回日本アカデミー賞 新人俳優賞(『ヒミズ』『悪の教典』)
・第17回日本インターネット映画大賞 主演男優賞(『ヒミズ』)
・エランドール賞 新人賞

2015年度
・第14回ニューヨーク・アジア映画祭 ライジングスター賞(『さよなら歌舞伎町』)
・第39回日本アカデミー賞 優秀助演男優(『バクマン。』)
・第25回日本映画プロフェッショナル大賞 主演男優賞(『さよなら歌舞伎町』『ソレダケ / that’s it』)

wikipedia

 

スポンサーリンク
おすすめの記事