渡部建

最近、渡部建さんの顔が劣化したのではないかと話題になっています。

果たして、いつから劣化したのでしょうか。

また、劣化した理由についても気になりますよね。

この記事では渡部建さんの昔と現在の画像を比較し、劣化した時期や理由についてまとめています!

1.渡部建が劣化!昔と現在の画像を比較

渡部建さんが劣化したと言われたのは、2020年12月の会見がきっかけでした。

過去の画像と今回の会見の画像とを比較してみましょう!

左側が現在の姿ですが、こうして見るとかなり老けてしまったようにも・・

ネットでもこのような声が上がっていました。

では、いつから劣化したのでしょうか。

時系列に追って見ていきましょう!

①いつから劣化した?

2020年現在から、2年ほど遡ってみたいと思います!

2018年の渡部建さんがこちら。

以前ネタ番組やバラエティで見ていたときの印象は、こんなかんじなのではないでしょうか(^^)

続いて、2019年の画像です。

こちらも、2018年と大きく変わらないように見えます。

続いて、2020年の画像です。

2020年時点で48歳ですが、こうして見るとあまり老けた印象はないように思います。

しかし、上記のように活動自粛前と会見時の画像を比較すると精神的にも大変だったことがわかりますね。

かなり老けて見えてしまっています。

2.劣化の理由について

渡部建さんの劣化した原因について、調べてみました。

やはり1番の大きな理由はストレスかと思います。

今回の騒動については、業界内なもちろん世間一般からも、かなりバッシングされていました。

もちろん行ったことはとても悪いことですが、渡部建さんの場合対応が良くなかったと思います。

報道が出る前に活動自粛を発表、さらに今回の会見もテレビ番組に出演することが決定していたため、会見を開いたのでは?とも言われています。

当然、この騒動によって仕事は全てキャンセル。

自身が起こしたことがきっかけではあるものの、心労は相当なものだったと思います。

またストレスの中でも、次の2つのことが大きな理由なのではないでしょうか。

①佐々木希と不仲

テレビ出演が噂となり、会見を開いたと言われている渡部建さん。

言ってしまうと、しれっと復帰しようと考えていたということ。

当然、このやり方には妻の佐々木希さんは激怒。

というのも、 佐々木希さんとはとじっくり話をしないままテレビ収録に挑んだと言われています。

そのため、佐々木希さんを始めとした関係者たちは納得がいかない様子だったそう。

「せめて謝罪会見してから復帰するべき」と何度も話したにも関わらず、収録してから会見という展開に。

渡部建さん自身は、会見するつもりはなかったと言われていて、妻や周りの圧力に耐えかねて、会見を開いたとまで噂されています。

渡部建さんは夫婦関係について「信頼を取り戻している最中」と修復に努めていることを明かしていました。

しかし、これまでの言動や行動から佐々木希さんは不信感が募る一方。

復帰の話が出てから、夫婦仲は険悪ムードになり、離婚の瀬戸際まで追い込まれているという情報もありました。

②相方児島との不仲がストレス

妻の佐々木希さんと不仲という報道がある渡部建さん。

同時に「俺は味方だ」と話していた、相方の児嶋一哉さんとの信頼関係にもヒビが入っていると言われています。

というのも、年末の番組収録について児島さんには連絡していなかったとの噂が。

そのため、復帰についてネットニュースで知った部分もあったこともあり、児嶋さんが不愉快になったことも・・

相方との信頼関係が失われてしまうと、コンビの継続も怪しくなってきますよね。

こういったストレスや不仲から、劣化したとも言われています。