箱根駅伝 注目選手

毎年大学生の熱い姿が注目を集める箱根駅伝。
 
今年は特にスーパールーキー3人も揃って、注目選手がたくさんいると話題になっていますね!
 
そんな中、特に注目度が高い5人の選手がいます。
 
今回は箱根駅伝2021の注目選手ベスト5を走る区間や今までの成績と合わせて詳しくご紹介します。

箱根駅伝2021の注目選手ベスト5

箱根駅伝2021において、多くの媒体で取り上げられている選手を期待度の高さ順にご紹介します。
 
走る区間や成績も合わせて見ていきましょう。

第1位 田澤廉選手(駒澤大学2年生)

注目度ナンバー1は2駒澤大学2年生の田沢廉選手です!
 
昨年は1年生ながらも大活躍しているため、2021年も大活躍が期待されています。
 

名前:田澤廉(たざわ れん)
生年月日:2000年11月11日生まれ
年齢:20歳
身長:180㎝
体重:60㎏
血液型:O型
出身中学・高校:是川中・青森山田高校
5000mタイム:13分37秒28
成績
2019年 全日本大学駅伝7区で区間賞、出雲駅伝3区2位、箱根駅伝3区3位
2020年 ホクレンディスタンスチャレンジで5000mの自己ベストを更新
日本インカレ10000m日本人トップ

 
2019年ルーキーイヤーに華々しくデビューした田澤廉選手。
 
2020年11月に行われた全日本大学駅伝でもアンカーで走り、区間賞を取る好走で駒澤大学の優勝に貢献しました。
 
田澤廉選手が駒澤大学を選んだ理由は、駒澤大学OBの東京オリンピック男子マラソン日本代表の中村匠吾選手(富士通)の存在だったようです。
 
そして田澤廉選手も東京オリンピック10000mのオリンピック代表を目標に掲げています。
 
青森山田高校に弟・田澤駿選手がおり、駒澤大学に入るのかどうか期待されています。
 
田澤選手は駒澤大学のエースですが、あえて第2区は走らないのではないかと言われています。
 
第2区には2年連続した4年生の相沢選手がいるので、準エース格が登場するといわれる第4区を担当するのではないでしょうか。
 

 箱根駅伝2021では第2区を担当しました!

第2位 中谷雄飛選手 (早稲田大学3年生)

注目度ランキング第2位は早稲田大学の中谷雄飛選手です!
 
早稲田大学の2大エースの1人としてチームを牽引すると期待されています。
 

名前:中谷雄飛(なかや ゆうひ)
生年月日:1999年6月11日
年齢:21歳
身長:169㎝
体重:56㎏
血液型:O型
出身中学・高校:下諏訪中・佐久長聖高校
5000mタイム:13分39秒21
成績
2018年出雲駅伝4区3位、全日本大学駅伝2区3位
2019年根駅伝1区4位 
2020年箱根駅伝1区6位、都道府県駅伝7区2位、全日本大学駅伝3区1位

 
2020年10月11日に早稲田大学内で行われた「トラックゲームズin TOKOROZAWA」最後の種目の10000mで、WA規格外シューズながら28分19秒27をマーク。
 
さらに日本選手権参加標準記録A(28分20秒00)を突破しています。
 
この勢いで箱根では大活躍が期待されています。
 
また、高校時代はクロスカントリーレースで多数優勝している経歴の持ち主です。
 
早稲田大学では2大エースの1人と呼ばれている中谷選手。
 
箱根駅伝では2年連続1区を走っていますが、今年は第3区を走るのではないかと期待されているようです。
 

 箱根駅伝2021では予想通り第3区を担当しました!

第3位 藤木宏太選手 (國學院大學3年生)

注目度ランキング第3位は國學院大學の藤木宏太選手です!
 
2019年の國學院大學出雲駅伝初優勝。
 
2020年箱根駅伝では過去最高の3位に貢献しました。
 
今年はチームのエースとして活躍するこことが期待されています。
 

名前:藤木宏太(ふじい こうた)
生年月日:2000年3月2日
年齢:20歳
身長:171.5㎝
体重:52㎏
血液型:O型
出身中学・高校:上富良野中・北海道栄高校
5000mタイム:13分50秒01
成績

2020年箱根駅伝1区2位

全日本インカレ2020 日本人3位総合6位

ホクレン網走大会男子5000mC組1位

ホクレン深川大会(2020年7月8日)の10000mでは28分24秒79 (自己記録更新)

 
藤木宏太選手は4年生が抜けて選手層の薄くなった國學院を引っ張る存在だと思われます。
 
2020年までは1区を任されていましたが、本人は1区はそろそろ卒業したいと発言しているようです。 
エース格として第2区を走るのではないでしょうか?
 

 2021年箱根駅伝では第1区を担当していました!

第4位 三浦龍司選手(順天堂大学 1年生)

注目度ランキング第4位は順天堂大学の三浦龍司選手です!
 
ルーキーながら次々と記録を打ち立てている順天堂大学の中心選手です。
 
もう1人のスーパールーキー吉居大和選手と共に大活躍すると思われます。
 

名前:三浦龍司(みうら りゅうじ)
生年月日:2002年2月11日
年齢:18歳
身長:167㎝
体重:55㎏
血液型:AB型
出身中学・高校:浜田東中・洛南高校
5000mタイム:13分51秒97
成績

2020年ホクレンディスタンスチャレンジ千歳大学 3000m障害8分19秒37(歴代2位)日本記録へは0秒44差

箱根駅伝予選会 1時間1分14秒(U20日本最高記録 日本人トップ)

全日本大学駅伝では1区で27分07秒で区間新記録をマーク

 
三浦龍司選手は憧れの選手塩尻和也選手の出身校であるという理由で順天堂に入学しました。
 
三浦龍司選手の出身高校の詳しい情報はこちらの記事にまとめていますので、合わせてご覧ください。


 
箱根駅伝では初出場ということもあり、第1区を担当するのではないかと言われています。
 
 箱根駅伝2021では予想通り第1区を担当しました!

第5位 吉居大和選手(中央大学1年生)

そして注目度ランキング第5位は中央大学の吉居大和選手です!
 
吉井大和選手は中央大学のスーパールーキーで、箱根駅伝予選会ではチームを2位の好成績に導きました。
 

名前:吉居大和(よしい やまと)
生年月日:2002年2月14日
年齢:18歳
身長:168㎝
体重:50㎏
血液型:B型
出身中学・高校:田原東部中・仙台育英高校
5000mタイム:13分40秒4
10000mタイム:28分35秒65
成績

2020年ホクレン・ディスタンスチャレンジ 深川大会 5000m 13分38秒79、千歳大会 13分28秒31(U20日本記録)

箱根駅伝予選会 1時間1分47秒(全体10位、日本人6位)

 
スーパールーキーとして三浦龍司選手のライバルとなる存在ではないでしょうか。
 
吉居大和選手は両親ともに陸上選手の陸上一家に育っています。弟も陸上選手で仙台育英高校に通っています。
 
吉居大和選手の弟や両親について知りたい方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。



 
高校時代は弟と共に全国高校駅伝でチームを優勝に導きました。
 
箱根駅伝では第1区か第3区を走るのでは?という予想が多いですが、特に第3区という予想の方が多いです。
 
ルーキーながら既に主力の選手である吉居選手...序盤で勢いづける役割を任されそうですね。
 
 箱根駅伝2021では予想どおり第3区を担当しました!

箱根駅伝2021の注目選手ベスト5 まとめ

ここまで注目選手ベスト5を紹介しましたが、どの選手も甲乙つけがたい実力の持ち主です。
 
去年の強豪校も主力が抜けてガラリと雰囲気が変わり、スーパールーキーが新記録を打ち出すのか、それとも経験値のある選手が粘りがちするのか...!
 
箱根駅伝2021が楽しみですね!