消費税15%

 
2020年2月11日、IMFが日本に対して「消費税15%への引き上げ」を提言したと報道されました。
 
消費税は本当に15%へ増税されるのでしょうか。
 
いつから増税されるのでしょうか。
 
調べた結果をお伝えします!
 

 

①消費税15%への増税はいつから? -本当に増税されるの?いつから?-

IMFが日本に「消費税15%が望ましい」と提言したと報道されましたね。
 

国際通貨基金(IMF)は10日公表した日本経済に関する年次審査報告書に関し、
新型コロナウイルスによる肺炎感染の拡大は「新たな景気へのリスク」と警戒感を示した。

高齢化による社会保障費増大で財政悪化が深刻になると懸念。

消費税率を2030年までに段階的に15%へ引き上げるよう提言した。

審査担当のポール・カシン氏は、新型肺炎の感染拡大で中国との間で貿易や投資が冷え込む可能性を指摘。

「訪日客数の落ち込みで観光や小売りが打撃を受ける恐れがある」として、日本経済への影響を注視すると説明した。

時事通信社

 
消費税が10%に増税されたばかりなのに、さらに増税の話をされたらたまりませんね。
 
実際に消費税は15%まで増税されるのでしょうか。
 
安倍首相はIMFの提言に対して、意外にも消極的な姿勢を見せています。
 

消費税をめぐっては、国際通貨基金(IMF)が25日に公表した日本経済に関する年次審査後の声明で、

「2030年までに15%、50年までに20%に段階的に引き上げる必要がある」と指摘したばかり。

首相はこれまで、10%を超える税率への引き上げについて、
「今後10年間ぐらいの間は必要ないと思う」などと発言し、消極的な姿勢を示している。

朝日新聞

 
しかし消費税は確実に15%にあがります。
 
安倍首相は今後10年間はと言いますが、2030年中には消費税10%を超えるでしょう。
 
今回の増税も8%から10%への引き上げでした。
 
まずは2030年までに12~13%に引き上げてから、その後2040年までに15%になることが予想されます。

スポンサーリンク

②消費税15%への増税はいつから? -IMFは財務省の出向先?-

IMFは国際的な機関のように扱われていますが、実際は財務省の出向先です。
 
今回の「消費税15%引き上げ」の提言も、実は財務省の提言をそのままIMFが読み上げています。

スポンサーリンク

③消費税15%への増税はいつから? -安倍首相はIMFに反発?-

安倍首相はIMFの提言に対して「消費税10%を超える引き上げは今後10年間は必要ない」とコメントしています。
 
また、「15%というだけで消費意欲を失う。非常に残念。」とも言っています。
 
この調子でIMFの言うことを鵜呑みにするのではなく、
国民の給料額をふまえた判断をしてほしいものですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事