チャーター機で中国から帰国したうちの2人が検査拒否をしたことが分かりました。
 
ネットでは2人の実名や会社を特定する動きが進んでいます。
 
検査拒否した人の名前や住所、会社は特定できるのか。
 
また検査拒否した理由は何か?
 
調べた結果をお伝えします!
 

 

スポンサーリンク

①検査拒否した2人の名前や住所を特定?

新型コロナウイルス流行により、中国からチャーター機を飛ばして帰国した日本人がいます。
 
しかしその中に検査拒否をした人が2人もいたとのこと。


 
検査拒否をした2人の態度も問題視されています。
 


 
チャーター機で帰国させてもらっておいて、この態度はないですね。
 
もちろん批判が寄せられて、ネットでは実名や住所、会社を特定する動きが進んでいます。
 
しかし現在、まだ特定には至っていません。
 
ただ、年齢層は20代~30代だと予想ができます。
 
年齢層が高い方は怒っても動画を撮ることはしません。
 
携帯やスマホを使う人が少ないので、動画を撮ってやろうという考えに至らないでしょう。
 
また、2人で検査拒否したという話から、2人の関係性は家族や友人と考えられます。
 
引き続き情報を調べて更新していきます!

スポンサーリンク

②検査拒否した2人の名前や住所を特定? -自分勝手な理由で拒否した-

検査拒否した理由はなんとも身勝手な理由でした。
 

自分には症状がないから。
 
日本に帰国したのだから早く家に帰りたかった。

 
本当に自己中心的な2人です。
 
しかも新型コロナウイルスの症状が出ない人でも陽性反応が出ています。



 
これで検査拒否した2人も陽性だったら、どう責任とるのでしょう。
 
高齢者や持病を持っている方にとっては不安感で押しつぶされそうな中、
なんとも自分勝手な理由で拒否していたのですね。
 
早く住所を特定して、帰宅経路と交通手段を公開してほしいものです。

スポンサーリンク

③検査拒否した2人の名前や住所を特定? -最新情報-

最新情報が入り、今回検査拒否をした2人が「検査を受けたい」と申し出たことが分かりました。
 


 
家に帰って家族に怒られたのでしょうか。
 
まだ検査を受ける医療機関といつ検査をするのかは未定です。
 
この2人から陽性反応が出た場合は、さらにネットが炎上することは目に見えています。


 
検査拒否をした身勝手な2人の新しい情報が分かり次第、随時更新します!

スポンサーリンク