島太星 歌上手い

『第7回 全日本歌唱力選手権 歌唱王』で、14,350人の応募者から決勝戦に進み、「I LOVE YOU」を披露した、歌手の島太星さん。

その歌声に、審査員も感動しネット上でも称賛の声が飛び交っていました!

そんな島太星さんは、北海道発イケメン揃いの6人組ボーイズグループNORD(ノール)のメンバーとして、活躍されています。

この記事では、歌手の島太星さんのプロフィール、歌唱力についてまとめています!

1.島太星さんのプロフィール

島太星さんとは、どのような人物なのでしょうか。

プロフィールから見ていきたいと思います!

島太星 歌うまい

島太星さんのプロフィール

名前:島 太星(しま たいせい)

生年月日:1998年1月29日

出身地:北海道深川市

活動期間:2015年~

事務所:ソニーミュージック、CREATIVE OFFICE CUE

2015年、北海道深川西高等学校在学にしていた島太星さん。

CREATIVE OFFICE CUEソニーミュージックによる、北海道男子限定オーディション番組アオタガイ学園(札幌テレビ放送)にて優秀賞に選ばれ2016年にボーイズグループNORDのメンバーとしてデビューとなります!

2019年4月より初の単独メイン番組としてSTVラジオ『ぽっぷんランキング』を担当。

同年12月に初の全国ネット放送となる『全日本歌唱力選手権 歌唱王』(日本テレビ)に出演したことで、有名となることに!

MCを務めた、南原清隆さんから「ニュースターが現れた」と評されていました。

このことがきっかけとなり、全国区の露出が増え始め、初の全国区レギュラーとなる『ヒルナンデス!』のシーズンレギュラーに就任。

歌唱力はもちろん、テレビ番組にも出演することが多くなってきています。

スポンサーリンク

2.島太星さんの歌唱力がわかる動画

島太星さんは、番組内でも自分で「僕、(歌は)上手いんです」と語っていました。

島太星 歌上手い

自分で言う人ってどうなのかな・・と偏見のような気持ちにもなってしまいますよね!

そんな自身のある島太星さんが『第7回 全日本歌唱力選手権 歌唱王』で、披露した「I LOVE YOU」がこちら!

高音もとても綺麗に出ていて、全く辛そうな顔せず歌っていました。

審査員の顔を見ても、どれだけ上手いか伝わりますね!

続いて、自粛期間中に流行した動画を、島太星さんが編集したものです。

出演者の名前を入れる部分も、オリジナリティがありますが、やはり気になるのは歌声

とても綺麗な歌声をされています。

スポンサーリンク

3.島太星さんの歌唱力の評価

そんな歌唱力の高い島太星さん。

SNSでもとても評価が高く、歌声について絶賛されています!

島太星 歌上手い

本当にそうだと思います!!

歌が上手いことはもちろん、島太星さんは心に響く部分がとても大きいのではないでしょうか。

島太星 歌上手い

歌唱力について、SNSでとても高く評価されている、島太星さん。

外見もかっこいいですし、人気が出ることもわかるような気がします!

4.島太星さんの歌唱力はアポロシアターで大絶賛

島太星さんは、2018年2 月にアメリカ・ニューヨークの音楽の殿堂『アポロシアター・アマチュアナイト』に出演

この出演が決まり、島太星さんは準備期間として約1年間、努力されてきました。

歌う曲をサム・スミスの「Stay With Me」に決めたものの、英語が全くできない島太星さん。

そこで、まず英語のレッスンから始め、デモ音源を制作し『アポロシアター』のプロデューサーに送り、オーディションに参加。

しかし、この時、先方からはいい返事を貰えませんでした。

それでも諦めきれなかった島太星さんは、歌をブラッシュアップ。

そんな努力と苦労もあり、デモ音源を送り続けていた結果、プロデューサーから出演のオファーが

しかし、『アポロシアター』の観客の目と耳は厳しいことで有名。

納得がいかないパフォーマンスであれば、容赦のないブーイングが浴びせられ、パフォーマンスの途中でも退場させられる事もあるようです・・

本番当日、出演者は8名いて、島太星さんの出番はなんとトップバッター。

出演順は当日にプロデューサーがリハーサルを見て決めていて、トップバッターは慣例として“絶対に盛り上がる”出演者が務める事になっているそうです。

島太星さんはその期待に応えるように、「Stay With Me」を熱唱

サビでは客席から大合唱が沸き起こり、拍手喝さいを浴びていました

トップバッターという重圧を跳ねのけ歌い切り、『アポロシアター』のエグゼクティブプロデューサー、マリオン・J・カフィー氏からも「素晴らしい!」と絶賛。

今後は海外で活躍出来るレベルに到達していると言ってもいいですよね!

スポンサーリンク
おすすめの記事