森まさこ法務大臣

 
12月26日、福岡の悲惨な事件の犯人に対して刑が実行されたと報道されました。
 
実行を決定したのは森まさこ法務大臣
 
2019年10月に就任したばかりです。
 
経歴が気になり調べてみたところ、森まさこ法務大臣の経歴がすごいことが分かりました!
 
貧困家庭で育った子供時代のある出来事がきっかけで弁護士になったとか・・・
 
今回は、森まさこ法務大臣の経歴と実績をご紹介します!
 

 

森まさこ法務大臣の経歴は?貧困家庭で育った過去がある?

まず、森まさこ法務大臣のプロフィールからご紹介します。
 
森まさこ

<名前> 森 まさこ
    (本名:三好 雅子)
<年齢> 55歳
<出身地> 福島県
<最終学歴> 東北大学法学部卒業
<出身分野> 弁護士

 
1988年に東北大学法学部を卒業した後、弁護士になりました。
 
活気あふれる苦労人美人弁護士として評判でした。
 
しかも弁護士の三好豊さんと結婚して第一子を出産された直後にアメリカのロースクールに留学したという逸話の持ち主です。
 
それでは、経歴を見ていきましょう。
 

1995年 弁護士登録

1998年 独立し弁護士事務所設立
     第一子出産

1999年 ニューヨーク大学ロースクールに留学。帰国後も弁護士として活躍するが、夫の海外赴任により再び渡米。専業主婦になる。

2002年 金融庁に入庁
     第二子出産

2005年 金融庁総務企画局課長補佐

2007年 参議院議員に当選

2012年 女性活力・子育て支援・消費者および食品安全・少子化対策・男女共同参画担当大臣

2018年 自民党女性活躍推進本部長

2019年 法務大臣

 
出世街道まっしぐらですね。
 
2012年に就任した長い名前の部署の担当大臣時代には、主に少子化対策と男女共同に力を入れていました。
 
結婚して子供がいることもあり任命されたそう。
 
また、森まさこ法務大臣のすごいところは子供時代から初志貫徹しているところ。
 
実は森まさこ法務大臣、子供時代は借金の取り立て屋が家に来るほどの貧困家庭に育っています。
 
森まさこ
 
その時に弁護士に救われたことをきっかけに、自分も弁護士になって困っている人を助けたいと決意します。
 
弁護士登録後は消費者保護のため消費者弁護を扱っていました。
 
弁護士から金融庁への入庁を決めたのは、弁護士の立場での消費者弁護に限界を感じたから。
 
『より多くの消費者を救うためには法律を整える必要がある』
 
もちろん金融庁入庁後に消費者のための法整備に力を入れていました。
 
子供の頃から信念を持ち続けて働く熱い女性ですね!

スポンサーリンク

森まさこ法務大臣の経歴は?実績ある美人弁護士として有名!消費者を守った?

森まさこ法務大臣は数々の実績をあげています。
 
弁護士時代には消費者弁護で多くの消費者を救ってきました。
 
森まさこ 答弁
 
一番大きな実績は、金融庁時代に担当した賃金業法に関連する法の整備
 
賃金業法とは、消費者などに貸付を行う消費者金融などの賃金業者に対する規制を定めた法です。
 
2006年12月に大きく改正されて2010年6月には施行されました。
 
改正理由は借金の返済が困難となった多重債務者の増加に対処するためです。
 
上限金利の引き下げや貸付業者に参入する条件の厳格化、取り立て規制の強化など、消費者を守るための規制が整えられました。
 
賃金業法改正
 
森まさこさんは法改正に向けて海外調査に力を入れ、各方面との懇親会にも出席していました。
 
努力が実を結び、賃金業法が改正されたのです。
 
子供の頃に自分が苦労した経験を忘れず、同じように苦しんでいる消費者を救うために尽力しています。
 
森まさこさんの熱意と実績を認めた安倍総理大臣は、面会して『法務大臣になってくれ』と伝えたとのこと。
 
消費者のために戦ってくれた森まさこさんが法務大臣になるなら納得ですね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は森まさこ法務大臣の経歴と実績をご紹介しました。
 
子供の頃から初志貫徹して、弁護士から議員、大臣まで上り詰めたすばらしい経歴の持ち主でした。
 
自分の利益のために仕組みづくりをして収賄した某議員に爪の垢を煎じて欲しいです。
 
これからの活躍にも期待大です!
 

スポンサーリンク
おすすめの記事