加計学園

 
設立から問題視されていた学校法人加計学園の獣医学部
 
2020年3月4日、加計学園獣医学部が韓国人受験者を全員不合格にしたと週刊文春が報道しました。
 
韓国人受験者の面接の点数を0点にして不合格としました。
 
加計学園の全員不合格問題が本当なら大問題ですが、SNSの中には真偽を疑う声もあります。
 
今回は加計学園の全員不合格問題が本当かデマかを検証してご紹介します!
 

 

①加計学園の韓国人全員不合格は本当?

2020年3月4日の週刊文春で、加計学園獣医学部が韓国人受験者を全員不合格にしたことが報道されました。
 

2017年、52年ぶりに新設が認められた学校法人加計学園、岡山理科大学の獣医学部。
昨年11月16日、愛媛県今治のキャンパスで獣医学科の推薦入試が実施されたが、同学科が韓国人受験生全員の面接試験を一律0点とし、不合格にしていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

岡山理科大学の獣医学部新設の認可をめぐっては、安倍晋三首相(65)と加計孝太郎理事長(68)とのお友達関係による“忖度”が指摘されてきた。

新たに不正入試疑惑が浮上したことで、同学園は説明責任を求められそうだ。

文春オンライン

 

加計学園って獣医学部設立の時も安倍首相と理事の関係が怪しかったわよね・・・

またか・・・って感じね!

 
韓国人受験者の学科の点数は特段低いわけではありませんでした。
 


 
他の受験生と学科の点数が変わらないのに、韓国人受験生の面接の点数だけが0点にされています。
 
これはたしかに不正入試の可能性がありそうですね。
 
しかしSNSでは本当なのかを疑う声もありました。

スポンサーリンク

②加計学園の韓国人全員不合格は本当? -デマと噂も?-

デマと言われているのはなぜでしょうか。
 
SNSに寄せられている声を見てみましょう!
 


 
デマという話は加計学園の全員不合格問題の証拠不足から来ているようですね。
 
たしかに週刊文春に詳しい情報が掲載されていたとしても、
加計学園と韓国人受験者の両方に第三者の立場から調査をしないと真相は分かりません。
 
週刊文春といえば、櫻井翔くんの不倫報道も誤報でした。


 
調査をして真相が判明して、初めて加計学園の不正入試だったと言うべきだ、という意見です。
 
情報を鵜呑みにしない姿勢が素晴らしいと思いました!

スポンサーリンク

③加計学園の韓国人全員不合格は本当? -不正入試の真相は?-

韓国人受験者が全員不合格でしたが、本当に不正入試なのでしょうか?
 
もちろん加計学園側は不正ではないと主張しています。
 

「日本語でのコミュニケーションが著しく困難だった」

 
本当に不正入試をしていたら、加計学園がもらう国の補助金がゼロになる可能性もありますからね・・・


 
今回の週刊文春では、内部告発をした加計学園の幹部から提供された資料を証拠としました。
 
内部告発をした幹部は加計学園側の反対に対して『おかしい』と言っています。
 

「A方式の推薦入試を受験した韓国人受験生8名全員が不合格となっています。A方式の推薦入試は、学科2科目と面接試験、高校での成績を反映した評点平均値、各50点、計200点満点で採点されます。

 驚くべきことに、韓国人受験生全員の面接試験での点数は0点。これまで面接試験で0点というのはほとんど見たことがありません。」

「すべて日本語で記された科目試験で満点に近い優秀な成績を収めた学生もおり、韓国人受験者全員が、日本語に不自由だという説明は不可解極まりないです」

文春オンライン

 
確かに韓国人受験者全員が面接0点というのは怪しいですね・・・
 
加計学園獣医学部は、もともと日本の獣医不足を解消するために設立されました。
 
加計学園
 
面接の中で『卒業後は韓国に帰国して獣医になる』と答えたならば、
日本の獣医不足解消という目的を果たせないため、面接点を0点として不合格にした可能性もあります。
 
全員不合格とは言え、韓国人受験者は全部で8人です。
 
そのうち1人は受験願書を提出したものの受験自体は受けていません。
 
何十人もが不合格なわけでもないので、必ずしも不正入試とは言えないのかな、というのが個人的な意見です。
 
情報に踊らされず、調査の結果を待ちたいですね!

スポンサーリンク
おすすめの記事