カルロス・ゴーン

 
日産自動車の資金を私的に使ったことで逮捕されたゴーン被告
 
保釈されていましたが12月31日に国外逃亡したと報道されました。
 
保釈時の海外への出国は禁止されています。
 
一体どうやって逃亡したのか?
 
また、何を目的に逃亡したのか?
 
徹底調査した結果をお伝えします!
 

 

ゴーン被告はどうやって逃亡した? ①逃亡の手段とは?協力者がいた?

ゴーン被告はトルコを経由して母国・レバノンの首都ベイルートに逃亡しました。
 
逃亡にはプライベートジェットが使われました。
 
ゴーン被告 プライベートジェット
 
保釈中でも裁判所の許可をとれば海外渡航が出来ますが、もちろん無断出国です。
 


 
レバノンに逃亡されたらマズイので裁判所は許可しないでしょう。
 
その際、隠し持っていた別名義のパスポートを使って逃亡したと報じられています。
 
プライベートジェットで出国する場合、一般の飛行機とは別ルートで登場審査が行われます。
 
別ルートというのが無断出国できた鍵でしょう。
 
また、今回の出国はゴーン被告だけでは成り立ちません。
 
協力者がいた可能性が非常に高いです。
 
ゴーン被告 協力者
 
その後の調査で、レバノン政府の外交特権を持った協力者がいることが分かりました。
 

ゴーンさんには様々な友人がいます。

レバノンでは大統領にと声があがるほどの人物です。

おそらく、レバノンなどの政府の外交特権を駆使して出国させたのではないでしょうか。

 
ゴーン被告は『日本の司法制度と対決だ』とも言っていました。
 
ゴーン被告の弁護を引き受けた弘中弁護士もいい迷惑です。
 


 
強力な協力者の力添えがあったから誰にもバレずに国外逃亡が出来たのですね。

スポンサーリンク

ゴーン被告はどうやって逃亡した? ②逃亡の目的とは?

では、ゴーン被告はなぜ逃亡したのでしょうか?
 
実はゴーン被告が保釈された当時から国外逃亡を心配する声があがっていました。
 
ゴーン被告 保釈
 
ゴーン被告は母国のレバノンにとって国際的な成功を収めた偉大な人物です。
 
日本にいたため手が出せませんでしたが、レバノンに逃亡すれば話は別・・・
 
自国の英雄を全力で守ることができます。
 
ゴーン被告の逃亡の目的もそこにあります。
 
レバノンに支援してもらい裁判を放棄し徹底抗戦するために逃亡をしました。
 

厄介なのは中東レバノンだ。

同国でゴーン容疑者は国際的な成功を収めたレジェンド。

複数の公人がゴーン容疑者に対する連帯感を示しており、ヌハド・マシュヌク内相は「レバノンの不死鳥が、日本の太陽によってその身を焼かれることはない」と断言。

レバノンの首都ベイルートの街頭電光掲示板に
「われわれは皆、カルロス・ゴーンだ」
という広告まで現れた。

カルロス・ゴーン海外逃亡もありうる!? 専門家「●●●に行かれたら手出しできない」保釈金は山口組6代目以上か!?

 
日本とレバノンは犯人引き渡し条約を結んでおらずゴーン被告の身柄引き渡しは不可能です。
 
ゴーン被告が裁判を放棄しても日本は何も言えません。
 
また身柄引渡しを要求する日本に対し、ゴーン被告はレバノンに守ってもらうことで徹底抗戦する魂胆です。
 
ゴーン被告は声明でこんなことを言っています。
 

私は現在レバノンにいます。

もうこれ以上、不正な日本の司法制度にとらわれることはなくなります。

日本の司法制度は、国際法・条約下における自国の法的義務を著しく無視しており、有罪が前提で、差別が横行し、基本的人権が否定されています。

私は正義から逃げたわけではありません。

不正義で、政治的な迫害から逃れたのです。

やっと、メディアのみなさんと自由にコミュニケーションを取ることができます。来週から始められることを、楽しみにしております。

 
ゴーン被告はレバノンへの逃亡が成功した瞬間に勝利を確信したことでしょう。
 


 
そして年明けからメディアを使って日本の司法制度に物申すつもりです。

スポンサーリンク

・まとめ

今回はゴーン被告の逃亡の手段と目的をご紹介しました。
 
最後にまとめたいと思います。
 

<ゴーン被告の逃亡手段は?>
 ・別名義のパスポートを使った
 ・プライベートジェットを使い別ルートで出国した
 ・逃亡の協力者がいた

<ゴーン被告の逃亡目的は?>
 ・レバノンの保護を受けて日本の身柄引渡要求を拒否してもらうため
 ・日本の司法制度と徹底抗戦するため

 
レバノンに逃亡させてしまった時点で勝ち目はほとんどないと言えるでしょう。
 
ゴーン被告の身柄引き渡しの権利は、ゴーン被告の絶対的な味方レバノンが握っています。
 
しかし保釈を許した裁判所側もこのままでは終われないはず。
 
日本の司法機関がどんな対策を打てるのかが今後の見どころです。

スポンサーリンク
おすすめの記事